直接当ページへの来訪者は

 シューティング ターゲット HITS くんの標的紙の交換方法


▲ 安価なシューティングターゲットとして瓜二つの「HITS くん」「STICKING TARGET」が市販されています。
  両者はそっくりですが、金型が違うので OEM では無いようです。
  白色又は黄色系BB弾の着弾点が遠距離では見難いので、ターゲット用紙を交換して見易くしました。


▲ 先ず、紙押さえリングをはずします。
  リングに4箇所のツメがあるので、これをはずします。


▲ 精密ドライバーを差し込んではずします。


▲ 紙押さえリングがはずれました。


▲ ターゲットの組立図です。
  B色を変更した新しい標的シートと Cクリアファイルを円形に切り出した粘着面保護シートを製作します。


▲ 白色又は黄色系のBB弾が見易くなりました。

  

  
▲ 図をクリックするとA4サイズの実寸図が開くので、これをダウンロードして、
  倍率100%でやや厚い用紙に印刷してご利用ください。


▲ 実際の使用状況です。
  HITS くんは、着弾点の確認用に狙います。
  その下の赤缶にヒットすると、カンッと鳴ります。命中音が鳴るとこれもまた楽しいです。


▲ ターゲットをカメラ用三脚にセットするようすです。


▲ 重量級の三脚を銃架として利用しています。
  しっかりした三脚ですので、ライフルを載せてもブレません。


▲ お座敷シューティング用のターゲットです。
  木箱はアイリスオーヤマのスタックボックスです。重量があります。天板に取っ手を付けて持ち運び易くしました。
  木箱は?型ヒートンが立てられるので便利です。天板に立てたヒートンにダイソーで買った丸缶を吊るしています。
  ダンボール製ターゲットボックスは、製作は容易ですが直ぐにボロボロになってしまいました。


▲ 上は、ダイソー鳥おどし鉄砲です。役に立っています。
  中は、クラウンモデル パイソン .357 マグナムです。カネキャップ火薬の爆発音と共にBB弾を発射します。
  下は、クラウンモデル TYPE96 senior です。この銃は「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」ではなく「一撃必中」で狙います。